伝説の痩身エステ

人気記事ランキング

ホーム > 乳酸菌 > ヤクルトに含まれるシロタ株の効果

ヤクルトに含まれるシロタ株の効果

乳酸菌飲料として、日本で古くから愛されているのがヤクルトです。

ヤクルトには「シロタ株」と呼ばれる乳酸菌が含まれていますが、これは昭和5年に悪玉菌を減らす力を持つ、乳酸菌を発見した研究者の名字を参考に、さらに強化させて作り出された菌に対して名づけられたという経緯があります。

シロタ株はお腹に様々な力を与えるプロバイオティクスに分類されており、その力は花粉症対策にも役立つとされています。

花粉症は人の持つアレルギー反応の一種で、吸い込んだ花粉を異物と判断した身体が抗体を作り、その抗体が鼻の脂肪細胞と結びつくことで、過剰なくしゃみや鼻水、涙の症状を起こす、ヒスタミンなどの化学物質を放出するのが原因です。

人の身体が花粉を異物として抗体を作るのは何故なのかははっきりしていませんが、一説によると腸内のビフィズス菌などの善玉菌が少ないことが要因であるとされています。

ヤクルトではマウスを使った実験をしており、シロタ株を予め投与したマウスは、アレルギー反応が軽減したことが実証されています。人に対する効果のほどはまだ解明されていませんが、シロタ株が花粉症対策に利用できる可能性が秘められていることは事実です。

薬やグッズを用いた花粉症対策は、花粉が飛散する前から行っておくと予防効果が高まるといわれています。

シロタ株が豊富に含まれたヤクルトを、日頃から摂取しておくことが、アレルギーに負けない身体を作る秘訣です。オリゴ糖シロップの効果は実際のところどうなのか?