伝説の痩身エステ

人気記事ランキング

ホーム > 葉酸サプリ > 妊娠初期というのは体もデリケートです。

妊娠初期というのは体もデリケートです。

妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。

 

妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。

 

そのため過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、適切な摂取を心がけるようにしましょう。

 

葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。

 

ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。

 

そうした場合、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。

 

サプリであれば、一日の摂取量がすぐに分かりますから、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には是非試してもらいたいですね。

 

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。この期間は葉酸の十分な摂取が推奨されています。

 

ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、それは違います。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを減少させるという有効性に限った話では、妊娠初期が最も注意する期間ですから、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。

 

妊娠しやすい体を作る食べ物は、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に必須の栄養が多いので、摂取が推奨されます。しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、一つの食品群に偏らないことが健康維持にもつながるのも事実です。

 

逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は産後までは我慢したほうが良いですね。

 

ベビ待ち!葉酸サプリがおすすめ!